政策形成のための情報分析研修実施要領 PDFPDFはこちら

1 目的

行政が置かれている現状を認識し、社会や環境の変化・地域の特性に応じた政策をつくるために押さえておくべきポイントを学び、政策形成にかかる知見を広げます。

2 対象者及び定員

採用4年目以降の職員  48名(各回24名)

3 実施期日

第1回 令和元年9月5日(木)、6日(金)

第2回 令和元年9月19日(木)、20日(金)

4 研修内容及び時間

別紙日程表(PDFファイル)のとおり
PDF第1回  PDF第2回

5 会場

愛知県自治研修所 7階 701教室
名古屋市中区丸の内二丁目5番10号 電話(052)223-3905

PDF案内図

6 その他

・事前学習課題はありません。
・研修期間中は、所属団体で使用している名札を着用してください。


担当者からのコメント

政策立案のためには、正しい現状分析、問題発見が必要となります。本研修は、情報分析に重点を置いたものとなります。(竹下)

受講者からのコメント

・自分自身とグループの方と一緒に考えながら進めることが多く、理解が深まった。講義とグループワークの時間も適切で、集中して学ぶことができた。

・論理的な思考法やMECEなど情報分析に限らず役立つ学びがあった。

・アクティブラーニング主体であったため、より身につく講義だった。

page up